再生医療

Regenerative medicine

リスクと副作用について

再生医療
リスクと副作用について

リスクと副作用について

治療において、リスクと副作用は切り離せない関係です。本来の狙いの「作用」があれば、期待していない、望ましくない作用「副作用」があります。
当院では常にリスクと副作用を念頭に置き、できる限り回避、軽減できる様、対策を行っております。
そして何より患者様に納得して治療を受けていただける様、しっかりご説明をさせていただきます。
治療について不安や疑問がある場合は、是非ご相談ください。

骨髄穿刺時

局部麻酔薬による副作用とリスク

副作用・リスク痛み/アレルギーによるショック症状

【副作用・リスクを回避・軽減する為の対策】

  • 針を刺入する時の痛み
    できるだけ極細の針を使用し麻酔を行ないます。
  • 注入の時の痛み
    神経の走行を考え、注入する麻酔薬を可能な限り少量にする様に心がけています。

骨髄穿刺による副作用とリスク

副作用・リスク皮下出血/皮下血腫/感染症/穿刺部の不快感

【副作用・リスクを回避・軽減する為の当院の対策】

  • 皮下出血・皮下血腫
    当院では事前に、現在内服されている血をサラサラにする薬(抗血小板や抗凝固薬)を中止することは絶対ありません。また、皮下出血・皮下血腫を予防するために、骨髄穿刺の針の大きさを小さくし、手圧や砂嚢にての圧迫止血に十分な時間をかける様にしております。
  • 感染症
    処置室にて、帽子・マスク・ガウンを着用する清潔操作にて行ない、骨髄穿刺部にも十分な消毒を行なう様にしております。
  • 穿刺部の不快感
    骨髄穿刺実績2000件を超える血液内科医2名の指導の下、骨髄穿刺時の不快感を最大限に抑える取り組みをしております。また、骨髄穿刺時に幹細胞がより多くとれる様に特殊なテクニックを用いることで、幹細胞の分裂回数を最小限に抑えながら目標の幹細胞数を得ることができております。

骨髄幹細胞投与時

骨髄幹細胞投与による副作用とリスク

副作用・リスク肺血栓塞栓症/アレルギーによるショック症状/感染症/
点滴刺入部の発赤/熱感

【副作用・リスクを回避・軽減する為の対策】

  • 肺血栓塞栓症
    死細胞が混じらない様に生細胞数をカウントしています。
    また、幹細胞には幹細胞マーカー(CD73、CD90、CD105)が90%以上認められていることを毎回チェックしています。そして、点滴時には幹細胞が塊にならない様に生理食塩水に溶かし、塊を除去するフィルターを使用して一定のスピードで投与することで肺梗塞を予防します。あまり遅くなりすぎると、投与できる幹細胞の量が少なくなってしまうことが分かっています。
  • アレルギーによるショック症状
    患者様の状態に応じて、完全オーダーメイドの細胞培養を行うことができ、アレルギーの可能性を最大限に少なくする様に努めております。
  • 感染症
    当院は唯一、骨髄由来幹細胞治療の基盤特許を取得している診療所であり、院内製造と比較にならない清潔度環境下での細胞培養が可能です。勿論、細胞を培養する細胞培養加工施設は、厚生労働省令で定められる細胞GMP基準(製造管理・品質管理等に関する基準)を満たしております。最終製品に関しては、無菌検査、エンドトキシン検査、マイコプラズマ検査といった検査を行い、十分な安全性を確保しております。また、投与時にも医師により必要なチェックを行なっております。
  • 点滴刺入部の発赤
    感染やアレルギーを防止するために、アルコール消毒をしっかり行なった上、滅菌手袋等を着用し、(ナイロン性)留置針を使用し点滴を行います。
  • 熱感
    幹細胞を十分に洗浄することで、幹細胞以外の不純物を除去しています。

CONTACT

再生医療の
お問い合わせ・ご予約はこちら

  • お問い合わせ

    受付時間 / 9:00-20:00【完全予約制】

  • お問い合わせ

    24時間受付!ご不明な点などお気軽に