再生医療
Regenerative medicine

再生医療とは

再生医療
再生医療とは

細胞の再生する力

細胞の再生する力

人間には元々「再生する力」が備わっています。
再生医療とは、この人間の「再生する力」を利用して「病気や事故などの理由によって失われた、からだの組織を元どおりに戻すこと」を目指して提案された医療技術のことです。

「幹細胞」と「体細胞」

私たちのからだは約60兆個からなる細胞でできています。始まりは1個の受精卵からなり、受精卵が細胞分裂(増殖)によって「胚」になります。更に細胞分裂を繰り返し、分裂の過程でさまざまな機能を持つ細胞に分かれていきます。
脳や皮膚、心臓、骨などの組織や臓器といった、特定の機能を持つ細胞に変化することを「分化」といいます。

最終分化を経て、皮膚や血液、骨、筋肉などの組織や臓器になった細胞を「体細胞」、生体内にあり、これからいろいろな組織や臓器になれる未分化の細胞のことを「幹細胞」といいます。

幹細胞」と「体細胞」

幹細胞による再生医療

現在、再生医療に使える幹細胞には代表的なものとして大きく「ES細胞」「iPS細胞」「体性幹細胞」の3種類があります。

胚(受精卵)から培養してつくられる「ES細胞」

「ES細胞」とは受精卵が胎児になるプロセスで、分裂が始まった後の胚盤胞(はいばんほう)の中にある細胞を取り出して培養され作られた細胞です。
ES細胞は様々な組織や臓器に分化する能力を持つ万能細胞
です。
しかし、ひとつの命である受精卵を使い作る為、倫理的な問題があります。

人工的に作製される「iPS細胞」

「iPS細胞」とは成熟した体細胞に遺伝子(多能性誘導因子)を加えて人工的に未分化な状態に逆戻りさせた幹細胞の事です。
iPS細胞はES細胞と同じく、万能細胞であるため、他の細胞に分化する能力と、無限に増殖する力があります。
現在、ガン化リスクなどの安全性の課題を含め、世界中で研究が進められている、将来、医療を変えていく細胞と言われています。2012年には「iPS細胞」を発明した京都大学の山中伸弥教授がノーベル医学生理学賞を受賞しました。

医療への応用が最も進んでいる「幹細胞(体性幹細胞)」

3種類の幹細胞の中で、医療への応用が最も進んでいるのが「幹細胞(体性幹細胞)」です。
幹細胞(体性幹細胞)はもともと私たちの体の中にある細胞で、いくつかの種類があり、その代表的なものに「間葉系幹細胞(MSC:mesenchymal stem cell)」があります。
間葉系幹細胞は、ES細胞、iPS細胞の様にどんなものにも分化する可能性のある万能細胞ではありません。ですが、自己複製機能をもち、神経、血管、骨、軟骨、脂肪、筋肉などの、いくつかの異なった固有の組織や臓器に分化する能力があります。
1970年代には骨髄の中にあることが発見されていた間葉系幹細胞は、治療が困難な脳卒中や脊椎損傷などの治療に期待されています。
更に間葉系幹細胞のすばらしい所は、もともと生体内に存在していたことから拒否反応などの安全性の懸念が少ない事です。
当院の再生医療では、現在もっとも安全性・効果とも期待されている自己の骨髄細胞を基とした幹細胞治療を実施しております。

当院の骨髄由来幹細胞点滴の流れ

間葉系幹細胞骨髄由来と脂肪由来

間葉系幹細胞の研究は、骨髄から採取されたものを中心に行われてきました。
骨髄由来間葉系幹細胞の研究の歴史は古く、特に各種神経損傷モデル(脳卒中、脊髄損傷、脱髄疾患など)に対する治療効果では、動物研究に留まらず、人における臨床研究でも多数報告されております。
しかし最近になり、種々の組織(臍帯、脂肪、臍帯血)からも、これらの幹細胞を採取できることが分かってきました。
骨髄由来間葉系幹細胞が高い神経細胞の再生能力、神経細胞、骨・軟骨・血管への分化の高さに比べ、脂肪由来間葉系幹細胞は培養のし易さ(増殖率)、採取のし易さ、骨・軟骨・血管への分化の高さなど、違いがあります。

骨髄由来と脂肪由来の特徴

再生医療
当院で受ける事のできる再生医療

当院では現在、下記の3つの
再生医療を受けていただけます。

厚生労働省承認
自己骨髄由来間葉系幹細胞を用いた
「脳卒中治療」

厚生労働省承認
自己骨髄由来間葉系幹細胞を用いた
「脊髄損傷治療」

臍帯由来
「サイトカインカクテル」

CONTACT
再生医療の
お問い合わせ・ご予約はこちら

  • お問い合わせ

    受付時間 / 9:00-20:00【完全予約制】

  • お問い合わせ

    24時間受付!ご不明な点などお気軽に