Dr.ブログ
脊髄損傷の症状

交通事故などの後に下半身不随となり、車いす生活になる。
ドラマや映画、マンガなどでも描かれる状況ですが、現実世界で多くの方が患う疾患の一つです。
脊髄損傷の患者さんは日本に10万人以上存在し、毎年5000人以上が新たに受傷しています。
今回は、そんな脊髄損傷の症状について詳しくお話いたします。

脊髄損傷の症状

脊髄は神経の束ですから、損傷されると神経の症状が発生します。
神経の症状は損傷の程度や損傷部位によって、異なります。

脊髄損傷の程度には差がある

脊髄損傷は、その程度によって「完全損傷」と「不全損傷」に分けられます。
完全損傷は神経の強い損傷により、その先に全く指令が伝わらなくなるもの、不全損傷は部分的に指令を伝えることができる状態を指します。

もし頚髄で完全損傷が起きた場合、頚髄から先の胸髄や腰髄・仙髄にも指令が伝わらなくなるため、首から下の体全体に麻痺などの症状がでることになります。
もし頚髄の損傷が不全損傷であった場合、肩から手の動きが悪くなるものの、胸髄や腰髄の神経は保たれ、下半身は正常ということもあります。
(これを中心性頚髄損傷といい、高齢の方の非骨傷性頚髄損傷はこのパターンが多いです)
また、肩から手の動きもわずかに動く程度のものから、しびれはあるがかなり動かせる状態など、不全損傷の中にも程度があります。

脊髄の損傷部位による症状の違い

頚髄、胸髄、腰髄・仙髄のどこが損傷するかによって、症状は大きく異なります。
また、それぞれの中でもどの高さで損傷されるかによって症状がでる場所が変わってきます。

頚髄の中でも、脳の近い部分からは呼吸に関する筋肉へ指令をだす神経が枝分かれします。
そこで障害が起こると、呼吸を十分にすることができなくなり、人工呼吸器が必要となることがあります。
胸に近くなると、主に腕に行く神経が枝分かれします。
損傷が高い部分(脳の近い部分)になるほど、影響がでる範囲が広くなり、肩から肘、手首・指のどの部分に麻痺がでるか決まってきます。

胸髄、腰髄、仙髄で損傷が起きた場合は下半身の運動麻痺が最も目立つ症状になります。
胸髄で損傷が起きると両側の下半身全体が動かなくなるため、歩行や立位が困難となり車いすが必要となる可能性が高くなります。
腰髄や仙髄の損傷では、麻痺が片側のみになる場合や、膝の動きは問題なく足首だけの麻痺などになることがあります。
これらのケースでは、杖や装具などを使用して、歩行できる場合もあります。

それぞれの部位での損傷に共通して出やすいのが、排尿に関する症状です。
自律神経が障害されることで、尿漏れや、逆に尿が出なくなる尿閉といった症状が出現します。

脊髄損傷急性期の症状

脊髄損傷は、受傷した直後が最も症状が強くなります。
特に重度の頚髄損傷では、受傷した部位よりも先の部分が全く動かなくなり、触った感じも全く分からない、反射による動きすらもでないといった強い症状がでることがあります。
これを、脊髄ショックといいます。
損傷部位が脳に近い場合、直ちに呼吸器管理が必要となり、時には交感神経系の破綻により心臓の動きが鈍くなるため、命に関わる事態となります。

脊髄ショック
脊髄ショック
脊髄ショックとは、神経が集中する脊髄が損傷することで一過性の運動、知覚機能の低下と、脊髄反射の消失な...

また、受傷したばかりの急性期では、体に強いストレスがかかるため、胃潰瘍や十二指腸潰瘍などの合併症を起こすことがあります。
痛みを感じないので、処置が遅れてしまうことがあり注意が必要です。

急性期を過ぎると、神経の症状は改善傾向となり一定の状態に落ち着いてくることが一般的です。

脊髄損傷慢性期の症状

神経は損傷された直後に症状が最も強くでますが、その後一定の段階まで回復します。
直後の強い反応であるショック状態を過ぎること、損傷部や周辺組織がある程度の回復をみせることがその要因です。

ただ回復の程度は状況によって異なり、一定の障害が残ってしまうことが多くなります。
慢性期に残った症状は急速に治癒することは期待しづらく、生涯治らない症状となってしまいます。

症状は損傷の程度と部位によって異なります。
損傷が脳に近い部位であるほど、損傷の程度が強いほど症状がでる範囲は広くなり、麻痺の程度が強くなります。

脊髄損傷の症状に対する看護、介護

脊髄損傷では、下半身に麻痺が残ることが多く、自らの力で移動できないことが最も大きな障害となります。
麻痺の程度が強い場合は、車いす生活となるために、介護が必要な状況となります。

重度の頚髄損傷である場合、腕や手の支えを期待することができないために、車いすに移ることすら困難となります。
体幹にも力が入らないため、座っている姿勢を保つことも難しくなります。
食事や更衣、清拭など、重い介護が必要となる状態です。

排泄、排尿が思うようにいかないのも脊髄損傷の特徴です。
家族や周囲の人にとっては、介護の負担が重くなる要因といえるでしょう。

脊髄損傷とは

脊髄は、脳の指令を体に伝える神経の束のことです。
首から腰まで伸びる脊髄は、首の所では頚髄、胸の高さでは胸髄、腰の高さでは腰髄・仙髄と呼ばれます。
神経はそれぞれの高さで枝分かれし、頚髄からは肩~手、胸髄からは体幹部分、腰髄・仙髄からは腰骨~下半身へ神経が伝わっています。

神経に損傷が起こると、指令を体に伝えることができなくなり、手足の麻痺などの症状が発生します。
神経は運動のみではなく、感覚や自律神経など多くの情報を伝えています。
そのため、脊髄損傷による症状は多彩なものとなります。

脊髄損傷の受傷原因

脊髄は、脊椎という骨の中を通ります。
交通事故や転落など、体に大きな力がかかると脊椎が骨折や脱臼などを起こし、変形します。
その変形に耐えることができないと、神経が圧迫され損傷を起こします。

高齢の方では、元々神経の通り道が狭くなっていることなどが原因で、脊椎の骨折や脱臼を起こさなくても脊髄の損傷を起こすことがあります。
これを、非骨傷性脊髄損傷といいます。

以前は大きな事故等で若い年代の方が骨折や脱臼を伴う脊髄損傷を起こす頻度が高かったのですが、最近では高齢の方が転倒して非骨傷性脊髄損傷を起こすケースが多くなってきています。

脊髄損傷の治療

脊椎の骨折や脱臼により不安定性がある場合には、安定させる処置が行われます。
コルセットなどで体の表面から固定を行う方法や、体内に金属を入れて脊椎を固定する手術が検討されます。
元々神経の圧迫がある場合には、それを解除する手術が行われることもあります。

しかし神経そのものを治療する方法はありません。
神経周囲の状況を良くする方法はあっても、神経を直接的に治療する方法はないのです。
そのため治療後に機能障害が残ることも多く、残された機能を活かして生活するためのリハビリテーションが行われます。

以上が、従来の脊髄損傷に対する治療の考え方です。
治療後に症状が残ることが多く、お悩みの患者さんが多くいらっしゃいます。

一度傷つくと二度と回復することがないと言われてきた神経の症状ですが、近年の再生医学の進歩で、改善する可能性がでてきています。
脊髄損傷に対する再生医療の試みは歴史が長く、1990年代から基礎研究が続けられ、ついには2019年に正式な治療として、保険適応となりました。
骨髄の中にある幹細胞を取り出して、培養したものを後から点滴投与するという方法です。

ステミラック注とは?
ステミラック注とは?
ステミラック注はニプロと札幌医科大が共同開発した急性期の脊髄損傷治療に用いる自己骨髄由来間葉系幹細胞...

治療の結果が現在積み重ねられている途中であり、その成果が期待されています。

この施術ページの関連記事

  • 脊髄損傷について

  • 脊髄損傷レベル

    脊髄損傷レベル

  • 脊髄損傷再生医療

    脊髄損傷再生医療

この施術ページの監修医師

貴宝院 永稔

貴宝院 永稔(きほういん ながとし)

医療法人慶春会 福永記念診療所 部長
ニューロテックメディカル株式会社 代表取締役

学歴・職歴

平成15年3月
大阪医科大学卒業
平成15年5月
大阪医科大学附属病院にて初期研修
平成17年4月
大阪医科大学附属病院にて初期研修 修了
平成17年5月
大阪医科大学(リハビリテーション科)レジデント就任
平成19年3月
大阪医科大学(リハビリテーション科) 退職
平成19年4月
大阪医科大学大学院医学研究科(リハビリテーション科)入学
平成21年4月
医療法人伯鳳会 はくほう会セントラル病院 入職
平成23年3月
大阪医科大学大学院医学研究科卒業
平成30年2月
福永記念診療所 部長に就任

資格

CONTACT

再生医療の
お問い合わせ・ご予約はこちら

  • お問い合わせ

    受付時間 / 9:00-20:00【完全予約制】

  • お問い合わせ

    24時間受付!ご不明な点などお気軽に