Dr.ブログ
再生医療のメリットとデメリット

近年、「再生医療」という言葉がさかんに使用されるようになりました。
「再生医療」と聞くと全ての疾患が改善するまるで魔法のような治療法だと思われる方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、日々進歩している再生医療も残念ながら万能の治療法ではありません。
今回は、そんな再生医療の現状や、メリット・デメリットについて分かりやすくご紹介します。

再生医療のメリットとデメリットに悩む女性

再生医療とは

再生医療とは、人間が本来持っている「自分の身体を再生する力」を利用した医療のことで、人間を構成する各種細胞に分化する能力を持つ(間葉系)幹細胞、ips細胞、ES細胞による再生医療の臨床や研究が進んでいます。

幹細胞による再生医療

「幹細胞治療」という言葉を聞かれたことがあるかもしれません。
この幹細胞による再生医療とはどのような治療なのでしょうか?また、ips細胞やES細胞との違いについても見ていきましょう。

幹細胞とは

人間の身体は、約37兆個もしくは60兆個の細胞から構成されています。
血管や骨、筋肉や皮膚といった身体のあらゆる部分はこの膨大な量の細胞によって構成をされていますが、血管も筋肉も幹細胞という細胞の基となる細胞が分化して出来た組織です。
幹細胞は色々な区分はありますが、「造血幹細胞」と「間葉系幹細胞など非造血幹細胞」の2つの種類があり、造血幹細胞はその名の通り、血液細胞に分化をします。
一方、非造血幹細胞である間葉系幹細胞などは、筋肉や神経といった血液以外の身体を構成する体細胞に分化するため、これら間葉系幹細胞を用いた再生医療が臨床現場では行われる様になってきました。

骨髄由来間葉系幹細胞

当院では、脳卒中や脊髄損傷後遺症改善治療のため、自己のこつづいゆらいかんようけいかんさいぼう骨髄由来間葉系幹細胞を用いた再生医療を提供しています。
骨髄由来間葉系幹細胞は、細胞の採取に高い技術が必要な半面、神経細胞への分化能が高いことが分かっている幹細胞ため、脳卒中や脊髄損傷といった神経障害の治療には現時点で最適であると考えています。

骨髄由来幹細胞点滴
骨髄由来幹細胞点滴
骨髄由来間葉系幹細胞は神経再生能が高く、人に対する神経損傷(脳卒中・脊髄損傷など)に対する臨床研究も...

脂肪由来間葉系幹細胞

脂肪由来間葉系幹細胞は、皮下の脂肪の一部を培養するため、細胞の採取が容易であるというメリットがある反面、神経分化能については骨髄由来間葉系幹細胞の方が高いとされています。

ips細胞による再生医療

ips細胞というと、2021年6月28日に慶応大学がips細胞による脊髄損傷の治療に伴う患者さんの募集を開始したというニュースが記憶に新しいですね。
ips細胞は、じんこうたのうせいかんさいぼう人工多能性幹細胞(Induced Pluripotent Stem cell)の略称で、身体を構成するほとんどの細胞に分化することが可能な万能細胞です。
皮膚などの細胞(線維芽細胞)に、4個の遺伝子を導入することで、未分化の細胞にすることが出来るという画期的な発見でした。

ips細胞による再生医療のメリット

自己の皮膚など採取が容易な部分から採取した細胞を用いることができるため、採取時の患者さんへの負担が少ないというメリットがあります。また、他人の細胞を治療に利用することが出来ます。しかし、他人の細胞を使う場合は出来るだけ拒絶反応を起こさない様に、数万通り存在するヒト白血球型抗体(HLA:Human Leukocyte Antigen)というヒトそれぞれの白血球の型を合わせる必要があります。しかし、頻度は2~4%程度ですが、拒絶反応が起こりにくい組み合わせなども分かってきています。

ips細胞による再生医療のデメリット

ips細胞はいくらでも増殖をしてしまうという特性があるため、腫瘍化(ガン化)のリスクが完全には排除されていないという点がデメリットです。

ES細胞による再生医療

ES細胞は受精卵が増殖をしていき、胚盤胞と呼ばれる時期(排卵後5日後から着床前の胚を指し、約70~100個の細胞から構成される)に採取された細胞を用いた再生医療です。
胚盤胞を構成する内細胞塊は、身体を構成する全ての細胞に分化が可能な万能細胞です。

ES細胞による再生医療のメリット

ES細胞は、将来赤ちゃんになる細胞なので、全ての臓器や細胞に分化することが出来ます。

ES細胞による再生医療のデメリット

将来ヒトとして生まれることが可能な受精卵を使用するため、倫理的な問題があります。
また、こちらも無限に増殖をすることが可能なため、将来のガン化のリスクが懸念されます。

幹細胞による再生医療のメリット・デメリット

ここまで再生医療についてや間葉系幹細胞についてを見てきました。
最後に間葉系幹細胞による再生医療のメリット・デメリットについて解説します。

幹細胞による再生医療のメリット

・自己の幹細胞を使う場合、拒絶反応が起こる可能性が限りなく低い
・実際の治療に用いられている歴史が長く、ガン化の報告は現在に至るまでない
・神経再生なら骨髄や歯髄由来、美容なら脂肪由来といった目的に応じた幹細胞を選択することが可能

幹細胞による再生医療のデメリット

・自由診療の場合、費用が高額になる

幹細胞点滴治療による再生医療が高額な理由
幹細胞点滴治療による再生医療が高額な理由
脳卒中や脊髄損傷の後遺症改善に効果が期待できる「自己骨髄由来間葉系幹細胞点滴治療」ですが、高額な治療...

・健康保険適応の幹細胞治療も一部ではあるが、間口が非常に狭い
札幌医大による再生医療と当院の再生医療の違い
札幌医大による再生医療と当院の再生医療の違い
札幌医大での再生医療の取組みがNHKの「寝たきりからの復活~密着!驚異の再生医療~」で放送されました...

・100%の治療効果が保障されているわけではなく、効果について個人差がある
・全ての細胞や臓器に分化が可能な万能細胞ではない

間葉系幹細胞 ips細胞 ES細胞
メリット 拒絶反応や腫瘍化(ガン化)リスクが限りなく低い 採取が容易で、様々な細胞へ分化が可能な万能細胞 様々な臓器や細胞に分化が可能な万能細胞
デメリット 全ての臓器や細胞へ分化することは出来ない(万能細胞ではない) 腫瘍化のリスクが排除できない 倫理上の問題がある
腫瘍化のリスクが排除できない

まとめ

今回は、再生医療のメリット・デメリットについて解説しました。
再生医療は費用の問題や、治療効果に個人差がある問題などデメリットも確かにある治療ではありますが、当院では再生医療に最適な先進リハビリを組み合わせることで、他の治療では回復することが難しかった脳卒中や脊髄損傷による神経障害が回復し、お喜び頂いた症例も数多くございます。
私どもは、再生医療についてメリットだけをお伝えするのではなく、時間をかけて丁寧にデメリットもお伝えをしています。
お電話やメールでも再生医療専門スタッフがお悩みやご質問にお答えさせて頂きますので、まずはお気軽にご連絡をお待ちしております。

この施術ページの関連記事

  • 幹細胞による再生医療と活用

    再生医療とは

  • 再生医療を検討されてる方へ

    再生医療を検討されてる方へ

  • 骨髄由来幹細胞点滴

    骨髄由来幹細胞点滴

この施術ページの監修医師

貴宝院 永稔

貴宝院 永稔(きほういん ながとし)

医療法人慶春会 福永記念診療所 部長
ニューロテックメディカル株式会社 代表取締役

学歴・職歴

平成15年3月
大阪医科大学卒業
平成15年5月
大阪医科大学附属病院にて初期研修
平成17年4月
大阪医科大学附属病院にて初期研修 修了
平成17年5月
大阪医科大学(リハビリテーション科)レジデント就任
平成19年3月
大阪医科大学(リハビリテーション科) 退職
平成19年4月
大阪医科大学大学院医学研究科(リハビリテーション科)入学
平成21年4月
医療法人伯鳳会 はくほう会セントラル病院 入職
平成23年3月
大阪医科大学大学院医学研究科卒業
平成30年2月
福永記念診療所 部長に就任

資格

CONTACT

再生医療の
お問い合わせ・ご予約はこちら

  • お問い合わせ

    受付時間 / 9:00-20:00【完全予約制】

  • お問い合わせ

    24時間受付!ご不明な点などお気軽に