Dr.ブログ
一過性脳虚血発作(TIA)

一過性脳虚血発作とは

いっかせいのうきょけつほっさ一過性脳虚血発作(TIA:Transient Ischemic Attack)とは一過性の限局した領域の脳の虚血により限局した神経症状があるけれども、脳梗塞には至っていない神経障害です。
虚血とは酸素を運ぶ血液が細胞へと行き届かなくなってしまい、酸素不足となった細胞が障害を受けてしまうような現象のことをいいます。
脳の血管に問題が起きて、脳の一部が虚血状態となってしまうと、身体が思うように動かない、思ったように話すことができない、急に目が見えにくくなるなどの症状が現れてしまいます。
一過性脳虚血発作はこれらの症状が原則24時間以内、ほとんどの場合は数分から1時間以内にて完全に消失する病態を示しています。

一過性脳虚血発作の原因は?

一過性脳虚血の原因は大きく分類して塞栓性、血行力学性、心原性などがあります。
それぞれについて詳しく見ていきましょう。

塞栓性

塞栓が生じるとは、血管内にて生じた血栓と呼ばれる血の塊が血管を塞いでしまって、血液の流れが滞ってしまう状況を意味します。
血栓は頸動脈という血管に生じることが多いですが、大動脈弓や頭蓋内主幹血管という血管などにできることもあります。
これらの血管の壁にできてしまった血栓が剥がれて、脳の細い血管に詰まってしまうと一過性脳虚血発作が起きてしまうのです。

血行力学性

塞栓のほかに血管が狭くなったり塞がってしまうこと一過性脳虚血発作を起こしてしまう場合もあります。
このような血管そのものの構造に何らかの問題がある場合には、血圧の低下などをきっかけに脳への血の供給が足りなくなってしまいます。

心原性

血栓ができる場所は必ずしも血管の壁だけとは限りません。
心臓の動きに異常がある場合には、心臓内での血液の流れが悪くなってしまい、心臓の中で血栓ができることがあります。
このように心臓内でできた血栓が脳への血管を塞いでしまうことが原因となって一過性脳虚血発作の引き金となってしまうのです。

一過性脳虚血発作の症状

それではどのような症状があれば一過性脳虚血発作かもしれないと疑うのでしょうか?
一過性脳虚血発作が起きた時の症状を紹介します。

目の前が暗くなる

急に片方の目が見えなくなる症状も起きることがあります。この症状は一過性の片目の視力消失で、内頸動脈の分岐である目へと続く動脈から虚血が始まることで症状が現れます。

しびれや脱力

症状の中には、顔や手などのしびれを自覚することもあります。
例えば、食事中に急にお箸を持つことが難しくなっることや話している時に呂律が回らなくなってしまうことなどが自覚できる症状としてあげられます。
また、周りの人からみて顔の半分が妙に引き攣っているなどの違和感を指摘されることもあるようです。

めまい

めまいを症状とする場合もあります。めまいの特徴としては天井がぐるぐる回る感覚や身体が揺れる感覚を自覚することが多いようです。
一過性脳虚血発作によってめまいを起こした女性

一過性脳虚血発作の治療

一過性脳虚血発作の治療の基本は原因となるような状態に対して、脳卒中へと進行しないようにすることを目指します。

治療ガイドライン

脳卒中治療ガイドライン2015によると、一過性脳虚血発作と判断した時には、その原因を評価して、脳梗塞予防のために治療を開始することがすすめられています。
症状発症から48時間以内の再発予防のためにはアスピリンという血を固まりにくくするお薬がすすめられています。
また、一過性脳虚血発作の原因が心房細動に起因する可能性がある時にはワーファリンという抗凝固薬などの服用も検討されます。

行われる検査

一過性脳虚血発作で医療機関を受診した際に行われる検査についてご紹介します。

頭部MRI検査

一過性脳虚血発作は、短時間で回復することが一般的であることから、MRI検査で異常所見が見つからない場合があります。
しかし、脳動脈の詰まりなどの脳梗塞の前兆所見が見つかる場合もあります。
一過性脳虚血発作の頭部MRI検査

心電図検査

血液が心臓内の心房で淀んでしまう心房細動は、一過性脳虚血発作や脳梗塞の原因の一つです。
心房細動によって大きな血栓ができ、太い血管を詰まらせてしまう可能性があるためです。
心電図検査を行い、心房細動の原因となる不整脈の有無を検査します。

一過性脳虚血発作の予後

一過性脳虚血発作は症状が現れて数分から1時間程度で回復することが一般的です。しかしながら、症状が治ったからといって安心することはできません。一過性脳虚血発作は脳梗塞の前兆と言われるように、発症から48時間以内に脳梗塞を起こす人の割合が多いことが知られています。そのためこの記事でご紹介したような一過性脳虚血発作の症状を自覚、もしくは周りの人に指摘された時には、すぐにお近くの医療機関に受診するようにしましょう。

一過性脳虚血発作を繰り返すと?

前述の通り、一過性脳虚血発作はあくまでも一時的な症状の発現に過ぎないため、医療機関の受診や検査・治療を行わずに様子を見てしまう場合があります。
自覚症状は一時的ですが、脳の血管が詰まってしまう原因を改善しない限り、一過性脳虚血発作を繰り返したり、脳梗塞を発症してしまう可能性が高まります。
一過性脳虚血発作の症状が繰り返し起こる場合、速やかに医療機関を受診しましょう。

まとめ

この記事では一過性脳虚血発作の症状とその後の対応についてまとめました。一過性脳虚血発作の症状は比較的短時間で元に戻るという特徴がありましたが、症状がなくなったからといって安心してしまってはいけません。一過性脳虚血発作を生じた時には、その後48時間以内に脳梗塞を発症する可能性が高いことが知られています。この記事で紹介した一過性脳虚血発作の症状を少しでも自覚・指摘された人は必ずすぐに医療機関に受診するようにしましょう。

この施術ページの関連記事

  • 脳梗塞について

  • 脳卒中について

  • 脳卒中 骨髄由来幹細胞点滴

    脳卒中 骨髄由来幹細胞点滴

この施術ページの監修医師

貴宝院 永稔

貴宝院 永稔(きほういん ながとし)

医療法人慶春会 福永記念診療所 部長
ニューロテックメディカル株式会社 代表取締役

学歴・職歴

平成15年3月
大阪医科大学卒業
平成15年5月
大阪医科大学附属病院にて初期研修
平成17年4月
大阪医科大学附属病院にて初期研修 修了
平成17年5月
大阪医科大学(リハビリテーション科)レジデント就任
平成19年3月
大阪医科大学(リハビリテーション科) 退職
平成19年4月
大阪医科大学大学院医学研究科(リハビリテーション科)入学
平成21年4月
医療法人伯鳳会 はくほう会セントラル病院 入職
平成23年3月
大阪医科大学大学院医学研究科卒業
平成30年2月
福永記念診療所 部長に就任

資格

CONTACT

再生医療の
お問い合わせ・ご予約はこちら

  • お問い合わせ

    受付時間 / 9:00-20:00【完全予約制】

  • お問い合わせ

    24時間受付!ご不明な点などお気軽に