Dr.ブログ
脳梗塞の前兆で怒りやすくなる?

脳梗塞とは

脳の血管が破れるか詰まるかして、脳細胞に血液が十分に行き渡らなくなる脳卒中。血液が行き渡らなくなった脳細胞は、ダメージを受けてしまいます。一度ダメージを受けた脳細胞は回復しないため、さまざまな後遺症が残ってしまう病気です。

脳卒中は、原因によって脳梗塞と脳出血、くも膜下出血に分類されます。

脳卒中は脳梗塞、脳出血、くも膜下出血に分類される

脳卒中の中で最も多いのが脳梗塞です。
脳梗塞は病態によって「アテローム血栓性脳梗塞」「ラクナ梗塞」「心原性脳梗塞」の3つに分けられます。
「心原性脳梗塞」の原因は、心臓内でできた血栓などの異物が脳まで運ばれ、脳血管を詰まらせてしまうことです。
「アテローム血栓性脳梗塞」は太い脳血管、「ラクナ梗塞」は細い脳血管が動脈硬化によって詰まってしまうことが原因と考えられています。

脳梗塞について
脳梗塞について
脳梗塞は脳の血管が詰まる疾患です。脳梗塞の後遺症や再発の予防法はどのようなものがあるのでしょうか?当...

怒りやすくなったのは脳梗塞の前兆?

脳梗塞の前兆として一過性脳虚血発作が知られています。一過性脳虚血発作は、一時的に血液の流れが悪くなることで、麻痺やしびれなどの症状があらわれますが、24時間以内に血流が改善して症状が消えてしまうことです。

その他にも脳梗塞の前兆ともいえる症状の中に「急に怒りっぽくなった」というものがあります。怒りっぽくなった原因は、脳梗塞の原因である動脈硬化と関係があるといわれています。

脳血管の動脈硬化が進むと、脳が必要とする酸素やブドウ糖を十分に運べなくなります。
側頭葉の内側にある扁桃核は感情を作り出す部分で、前頭前皮質は感情をコントロールする部分です。
この部分に酸素やブドウ糖が十分運ばれずに働きが不十分になってしまうと、怒りやすくなってしまうと考えられています。

脳梗塞の前兆とまではいえないかもしれませんが、最近急に怒りっぽくなった方は動脈硬化が進行している可能性があるため、脳梗塞予防のために出来るだけ早く医療機関に行き診察してもらうことをおすすめします。

怒りやすい人は脳梗塞になりやすい?

急に怒りやすくなった人は、動脈硬化が進行しているかもしれないということはご説明しましたが、怒りやすい人は動脈硬化が進行しやすいという報告もあります。

怒りっぽい人は、ストレスを感じやすい状態にあるといえます。
過剰なストレスを受けた状態にあると緊張や興奮をつかさどる交感神経が優位になり、心拍数や血圧が上昇し血管が収縮しやすくなります。
血圧が上昇すると血管壁に高い圧力がかかり壁が厚くなってしまうため、動脈硬化が進行してしまうのです。
このように、怒りっぽい人は動脈硬化が進行しやすく、脳梗塞のリスクも高くなると考えられています。

ストレスによって怒りっぽくなった女性

脳梗塞になると怒りやすくなる?

脳梗塞を発症したあとの特徴のひとつは、感情失禁があらわれることです。
感情失禁とは、感情の起伏をコントロール出来なくなってしまうことで、ちょっとしたことで急に怒り出してしまったりすることです。
感情失禁の原因は、脳幹正中部に存在しセロトニン神経細胞が多く存在する縫線核から、脳半球へのセロトニン作動性の線維が障害されるためという報告があります。

また、脳梗塞で後遺症が残ってしまった方は、以前まで簡単にできていたことでもできなくなってしまい、イライラして怒りやすくなっている方もいるでしょう。

検査と予防法

脳梗塞の検査は、頭部CTと脳MRI検査をして脳梗塞が怒っているのか画像で確認します。詰まっている部分を確認するために、カテーテルを使って脳血管撮影をすることもあります。

脳梗塞の予防法は、危険因子を減らすことです。
血圧やコレステロール値、血糖値は食事や生活習慣で改善できればよいですがそれが難しい場合は、医師に相談し薬を作って数値をコントロールしましょう。
また、規則正しい生活やバランスのとれた食事、上手なストレス解消法、適度な運動などを心掛けることも脳梗塞の予防となります。

治療法とリハビリ法

脳梗塞の治療は、一般的に保存的治療を行います。まずバイタルを確認し血圧が高かった場合は降圧剤で血圧を下げ状態を安定させます。
発症後4.5時間以内であればt-PA静脈療法、発症後8時間以内なら血管内治療を行います。脳圧が高い場合は開頭して減圧術をすることもあります。

リハビリは、出来るだけ早く始めることが重要です。
状態が安定したら医師に相談して、無理のない範囲でベッドの上でもできるリハビリを始めましょう。リハビリは焦らず継続して取り組むことが大切です。

回復期リハビリが必要な方は、理学療法士や作業療法士などリハビリの専門家にサポートしてもらい、日常生活を送る上で必要となる動作が行えるような機能の改善を目的とたリハビリをしましょう。

まとめ

脳梗塞と怒りやすさについて説明してきました。怒りやすさは、脳梗塞発症の原因にもなりますし、前兆ともいえる症状でした。
脳梗塞は、後遺症が残ってしまうと失った機能を完全に回復させることは難しいため、予防に力を入れることをおすすめします。

参考:https://www.psychiatrist.com/pcc/anxiety/anxiolytics/tandospirone-for-chronic-poststroke-emotional-incontinence/

この施術ページの関連記事

  • 脳梗塞について

  • 頭痛

    脳梗塞の治療と知っておきたい前兆について

  • 脳卒中について

この施術ページの監修医師

貴宝院 永稔

貴宝院 永稔(きほういん ながとし)

医療法人慶春会 福永記念診療所 部長
ニューロテックメディカル株式会社 代表取締役

学歴・職歴

平成15年3月
大阪医科大学卒業
平成15年5月
大阪医科大学附属病院にて初期研修
平成17年4月
大阪医科大学附属病院にて初期研修 修了
平成17年5月
大阪医科大学(リハビリテーション科)レジデント就任
平成19年3月
大阪医科大学(リハビリテーション科) 退職
平成19年4月
大阪医科大学大学院医学研究科(リハビリテーション科)入学
平成21年4月
医療法人伯鳳会 はくほう会セントラル病院 入職
平成23年3月
大阪医科大学大学院医学研究科卒業
平成30年2月
福永記念診療所 部長に就任

資格

CONTACT

再生医療の
お問い合わせ・ご予約はこちら

  • お問い合わせ

    受付時間 / 9:00-20:00【完全予約制】

  • お問い合わせ

    24時間受付!ご不明な点などお気軽に