Dr.ブログ
脳出血後にみられる尿失禁について

脳出血を起こした後、しばらくして尿失禁が始まる人が、神経因性膀胱と呼ばれる状態である可能性があります。

神経因性膀胱とは、脳や脊髄、神経の障害によって膀胱のコントロールができない人に見られる排尿障害のことです。

神経の障害として、多発性硬化症、パーキンソン病、糖尿病などが原因となることがあります。そして脳出血や脳梗塞などの脳卒中も原因になることが知られています。

今回の記事では、脳卒中後の尿失禁について、排尿のメカニズムなど、基本的なことも含めてご説明します。

脳出血後の尿失禁によって失禁してしまった女性

排尿のメカニズム

まず排尿のメカニズムについて、簡単にご説明します。

膀胱と腎臓は、泌尿器の一部です。泌尿器とは、尿を作り、貯蔵し、排出する臓器です。
泌尿器の臓器が正常に機能しているときは、尿は腎臓で作られ、尿管という管を通って膀胱に運ばれます。膀胱は風船のような形をした臓器で、尿の貯蔵庫としての役割を果たしています。

膀胱は、骨盤の筋肉によって固定されています。膀胱が尿で満たされていないときは、リラックスして緩んでいます。

その後膀胱に尿が溜まり、膀胱が膨らむと、膀胱の壁が引き延ばされます。
引き延ばされた膀胱の壁には神経が通っていますが、膀胱が膨んだという刺激が神経の信号となり、背骨のなかを脊髄という神経の束を通って大脳に届けられます。

脳にこの神経信号が伝達されると、わたしたちに膀胱が一杯になったことが知らされます。そして、排尿の必要性、つまり尿意を感じます。

脳は尿意を感じ、排尿することを決めると、大脳は神経を通して膀胱の筋肉を収縮させるように指示します。

これにより、尿は尿道(膀胱から排尿される尿が通る管)を通って排出されます。
尿道には括約筋と呼ばれる筋肉があります。尿道括約筋は、トイレに行く前に尿が漏れないように、尿道を閉じておく役割を果たします。この括約筋は、膀胱が収縮すると開きます。

これが排尿メカニズムの概要です。

脳出血後に尿失禁する原因

膀胱が空になるまで尿を溜めておくためには、いくつかの筋肉と神経が連携しなければなりません。

神経のメッセージは、膀胱を空にすることを制御する脳と筋肉の間を行き来しています。病気やケガで神経が損傷すると、筋肉が適切なタイミングで収縮したり弛緩したりすることができなくなります。

脳出血後の方のなかには、膀胱からの刺激を受け取り、膀胱へ指示を出す脳細胞が機能していないことがあります。

その結果、排尿をコントロールする尿道括約筋が緩みすぎていて、トイレに行く前に尿が出てしまうことや、排尿の動きが過敏になってしまって膀胱が勝手に収縮してしまうこともあります。

なお、このように神経機能が障害されたことで生じた排尿障害を神経因性膀胱と呼ぶこともあります。

脳出血後の尿失禁の治療法

脳出血後に認める尿失禁の治療は、まず脳出血によって失われた脳機能を維持、改善するため、脳出血そのものへの治療が必要です。

加えて、膀胱が勝手に収縮してしまう場合は収縮を抑制するための薬(抗コリン薬など)が必要となることがあります。
あるいは、膀胱をうまく収縮させることができないために尿をスムーズに出すことができない場合は、膀胱の収縮を強める薬を使用することもあります。
ただしいずれもあまり有効な治療ではないため、定期的に尿道から管を入れて膀胱内の尿を出す、導尿が必要となります。

また同時に、時間を決めて排尿することで膀胱内に尿が溜まりすぎないように工夫したりすることもあります。

成人における脳卒中後の尿失禁治療について、複数の論文を系統的に吟味し、評価した報告があります。
(出典:コクランレビュー.成人における脳卒中後の尿失禁治療
https://www.cochrane.org/ja/CD004462/INCONT_cheng-ren-niokerunoy-zu-zhong-hou-noniao-shi-jin-zhi-liao

このコクランレビューによると、このように排尿に関する行動を変える試みは、失禁の回数を減少させる効果があるかもしれないが、生活の質はさほど変化しないことが指摘されました。

さらに鍼灸治療が尿失禁に対して効果がある可能性や、膀胱の神経に電気刺激を加えることにも、効果がある可能性が指摘されました。

まとめ

脳卒中後の尿失禁について、排尿のメカニズムを含めてご紹介しました。

成人にとって尿失禁は、自尊心を失わせてしまうものでもあり、その後の生活の質や本人への精神的苦痛に影響を与えてしまうものです。また周囲にいる家族も影響を受けることがあります。

なかなか劇的な改善が認められない可能性もありますが、ご紹介したような自宅でもできるケアを継続して行い、少しでも苦痛を感じる機会を減らすことができるようにしたいものです。

この施術ページの関連記事

  • 診察

    20代でも発症!?脳出血とは

  • 脳出血について

    脳出血について

  • 脳卒中について

この施術ページの監修医師

貴宝院 永稔

貴宝院 永稔(きほういん ながとし)

医療法人慶春会 福永記念診療所 部長
ニューロテックメディカル株式会社 代表取締役

学歴・職歴

平成15年3月
大阪医科大学卒業
平成15年5月
大阪医科大学附属病院にて初期研修
平成17年4月
大阪医科大学附属病院にて初期研修 修了
平成17年5月
大阪医科大学(リハビリテーション科)レジデント就任
平成19年3月
大阪医科大学(リハビリテーション科) 退職
平成19年4月
大阪医科大学大学院医学研究科(リハビリテーション科)入学
平成21年4月
医療法人伯鳳会 はくほう会セントラル病院 入職
平成23年3月
大阪医科大学大学院医学研究科卒業
平成30年2月
福永記念診療所 部長に就任

資格

CONTACT

再生医療の
お問い合わせ・ご予約はこちら

  • お問い合わせ

    受付時間 / 9:00-20:00【完全予約制】

  • お問い合わせ

    24時間受付!ご不明な点などお気軽に