Dr.ブログ
アテローム血栓性脳梗塞の後遺症

アテローム血栓性脳梗塞

アテローム血栓性脳梗塞は、動脈硬化で内部が細くなりつつある脳内の太い血管に生じます。その成り立ちから、2つの特徴があります。

まず動脈硬化によって血管の内部が細くなっていることから、完全に血管が閉塞する前に徐々に閉塞し、そして閉塞が解除されることがあります。これは、一過性脳虚血発作と呼ばれます。アテローム血栓性脳梗塞では、麻痺や感覚障害などの症状が発生し、発症後24時間以内に改善する脳梗塞が、前兆として生じることがあります。突然症状が完成する心原性脳梗塞との相違点でもあります。

もうひとつの特徴は、はっきりとわかる広範囲にわたる症状が発生することです。太い血管は、その先に脳の広いエリアに酸素や栄養を供給しています。したがって細い血管が閉塞するラクナ梗塞のように無症状のうちに進行することはなく、アテローム血栓性脳梗塞では麻痺や意識障害などのはっきりと症状が現れることが一般的です。
ラクナ梗塞

アテローム血栓性脳梗塞の危険因子である高血圧を含む生活習慣病の予防や治療、発症後の医療機関への搬送体制、急性期の治療技術、そして慢性期のリハビリテーションなどの技術は、日々向上しています。そのため昔に比べると治療成績は改善しているかもしれません。ただ、残念ながらいまだに後遺症に苦しむ人がおられることは事実です。

アテローム血栓性脳梗塞

アテローム血栓性脳梗塞の後遺症

アテローム血栓性脳梗塞による脳へのダメージによって、以下のような後遺症が残る場合があります。

意識障害

アテローム血栓性脳梗塞が、両側の大脳の広い範囲に生じたり、意識を司る脳幹部に生じたりした場合、後遺症として意識障害を認めます。

また脳梗塞を発症したのち、脳に浮腫を起こすことがありますが、浮腫の影響で意識状態が悪くなることもあります。

なお意識はあるが反応ができなくなる、無動性無言症と呼ばれる状態も起こりえます。これは特に大脳の前方部分に栄養を供給している前大脳動脈に梗塞が生じたときに発生することがあります。意識はあるが自発性が失われてしまっており、周りからの刺激に反応せずにぼーっとする状態が続きます。

運動障害

運動障害は、最も一般的なアテローム血栓性脳梗塞の症状のひとつとも言えるかもしれません。

通常は片麻痺と呼ばれ、片方の手足や顔面の動きが障害されます。これは特に内頸動脈と呼ばれる、首の太い動脈から動脈硬化が続いている状態で起こりえます。閉塞を起こして血流が途絶えてしまった大脳半球とは反対側の手や足、また顔面などが麻痺を起こし、動かせなくなってしまいます。

麻痺は完全に動かせなくなるレベルから、重力に逆らって手足を持ち上げることができるレベルまで、その程度は多様です。

感覚障害

感覚障害は、運動障害と共に認められることが多くあります。障害を受ける感覚には、触覚、温度覚、痛覚などがあり、閉塞した大脳と反対側に感覚の障害が発生します。

視覚障害

その他にも、視覚に関する情報入力が障害されることもあります。

特に大脳の後方エリアに栄養を供給している後大脳動脈が障害を受けると、同名半盲と呼ばれる状態に陥ることがあります。

これは閉塞した大脳とは反対側の半分が見えなくなるレベルから、視力全般を失うレベルまで、さまざまな視覚障害の種類と程度があります。

失語症

特に左側の大脳の中央のエリアに栄養を供給している、中大脳動脈が閉塞すると、言葉が話せなくなる失語症がみられます。

失語症には、話される言葉は理解できても発語ができない運動性失語や話される言葉自体が理解できない感覚性失語があります。

失語症を認める場合には、同時に顔面や手を中心とした運動麻痺を伴うことがあります。

脳梗塞と失語症
脳梗塞と失語症
失語症は脳梗塞にあらわれる症状のひとつです。言語機能が低下してコミュニケーションを取るのが難しくなり...

膀胱直腸障害

尿意や便意を感じる感覚が障害されたり、排尿や排便をコントロールする運動機能が障害されたりすることもあります。

この場合、自分の意思にかかわらず排尿してしまうため尿失禁を起こすことや、排便ができなくなる便秘になることがあります。

まとめ

アテローム血栓性脳梗塞に伴う後遺症について、簡単に概要をご説明しました。

多くの場合、後遺症にみられる症状は独立して発生するのではなく、複数の症状が一緒に認められます。

生涯にわたって後遺症に悩むことがないように、予防に努めたいものです。

この施術ページの関連記事

  • 脳梗塞について

  • 脳梗塞と失語症

  • 脳梗塞は治る病気へ。脳梗塞治療のミライ

この施術ページの監修医師

貴宝院 永稔

貴宝院 永稔(きほういん ながとし)

医療法人慶春会 福永記念診療所 部長
ニューロテックメディカル株式会社 代表取締役

学歴・職歴

平成15年3月
大阪医科大学卒業
平成15年5月
大阪医科大学附属病院にて初期研修
平成17年4月
大阪医科大学附属病院にて初期研修 修了
平成17年5月
大阪医科大学(リハビリテーション科)レジデント就任
平成19年3月
大阪医科大学(リハビリテーション科) 退職
平成19年4月
大阪医科大学大学院医学研究科(リハビリテーション科)入学
平成21年4月
医療法人伯鳳会 はくほう会セントラル病院 入職
平成23年3月
大阪医科大学大学院医学研究科卒業
平成30年2月
福永記念診療所 部長に就任

資格

CONTACT

再生医療の
お問い合わせ・ご予約はこちら

  • お問い合わせ

    受付時間 / 9:00-20:00【完全予約制】

  • お問い合わせ

    24時間受付!ご不明な点などお気軽に