再生医療
サイトカインカクテル療法(臍帯由来)

サイトカインカクテル(幹細胞培養上清液)療法とは

幹細胞培養上清液療法

幹細胞を培養する際に生じる培養上清液には、幹細胞から放出されるサイトカイン(成長因子、神経保護因子、血管新生因子など)が多数含まれます。この培養液には、通常、成人の数十倍から数百倍にのぼるサイトカインが含まれていることが分かっています。このサイトカインを多く含む培養液をサイトカインカクテル(幹細胞培養上清液)と呼びます。
このサイトカインカクテルは、サイトカイン(成長因子・神経保護因子・血管新生因子など)が脳内に存在する幹細胞を活性化して自己修復を促します。

当院では、脳卒中(脳梗塞・脳出血・クモ膜下出血)、脊髄損傷の後遺症に対し、サイトカインカクテル療法(幹細胞培養上清療法)を行っております。

サイトカインカクテル療法(臍帯由来)

臍帯由来サイトカインカクテル療法

臍帯由来の理由

当院で使用するサイトカインカクテル(幹細胞培養上清液)は、臍帯由来の幹細胞を培養した時に分泌する多様なサイトカインを抽出したものです。臍帯由来サイトカインカクテル(幹細胞培養上清液)療法は、乳歯、骨髄、脂肪等由来の培養上清液と比較しても、含有しているサイトカイン量が圧倒的に高いことが特長です。

臍帯由来培養上清液に含まれる分泌物がもたらす生理作用一例

組織修復作用

血管新生
VEGF、FGF2、ANG-1、MCP-1、EPO、HGF
神経細胞の保護・再生
BDNF、NGF、GDNF
細胞の増殖促進
SCF、LIF、M-CSF、SDF-1、FGF2、VEGF、IGF、PDGF、HGF
弱った細胞の生存維持
抗アポトーシス
FGF2、IGF、ANG-1、IL-6、VEGF、MCP-1、G/M-CSF、STC-1、EPO、TGF-β、HGF
肝繊維科の抑制
IL-10、TNF-α、HGF、MMP-9
瘢痕形成の抑制
HGF、FGF2、ANG-1
幹細胞のサポート
TPO、SCF、TGF-β
目的部位への細胞動員
SDF-1、HGF、LIF、IGF、G/M-CSF、VEGF

免疫抑制作用・炎症鎮静作用

免疫抑制作用
IDO、sHLA-G5、TGF-β、IL-6、HGF
炎症性因子の産生抑制
MCP-1、TSG-6、HO-1、M-SCF、NO、LIF、Gal-1、IL-1RA

当院の臍帯由来サイトカインカクテルの安全性

現在、国内で市販されている幹細胞培養上清には様々なものが出回っています。中には、安全性試験をされていないものや、100倍以上に薄められたものなどの粗悪品が多く含まれております。当院で開発する臍帯由来サイトカインは、国内の細胞培養加工施設にて、厳しい安全基準と管理による工程で製造するため、製品の品質の均一化に徹底して取り組んでおります。

サイトカインカクテル療法(臍帯由来)の効果

効果の一例としては、個人差がもちろんありますが、脳卒中(脳梗塞・脳出血・クモ膜下出血)、及び脊髄損傷後の後遺症の軽減やリハビリ効果が高まることが報告されています。
脊髄損傷に伴う麻痺により歩くことが困難だった患者様が、幹細胞を投与することで劇的に改善し、数週間後には自立歩行が可能になった症例なども報告されています。
近年、サイトカインカクテルは大手美容クリニックがアンチエイジングなどの美容目的やAGAなどの治療で使用され話題となっております。エステ、化粧品などにも使用され、しわ・しみ・たるみ・脱毛など様々な治療実績の報告が多くなってきています。

  • 脳梗塞後遺症の改善
  • 脊髄損傷後遺症の改善

【その他の期待できる効果】

  • 皮膚の再生(肌のキメ・ハリ改善、小じわ改善)
  • 肝機能障害の改善
  • AGA・FAGA(毛髪再生、円形脱毛改善)
  • 肩こり、疲労回復、滋養強壮
  • アンチエイジング(老化防止)効果
  • 不眠症、うつ状態の改善
  • 創傷治癒の促進(傷の治りをよくする)
  • ED(勃起不全)の改善
  • 糖尿病、動脈硬化など各種疾患の改善
  • 花粉症の改善

サイトカインカクテル療法(臍帯由来)で効果が期待できる疾患


  • ・脳梗塞後遺症
    ・脊髄損傷後遺症

    ・アルツハイマー型認知症
    ・低酸素虚血性脳症
    ・パーキンソン病
    ・末梢神経障害
    ・多発性硬化症
  • 腎臓
    ・糖尿病
    ・糖尿病性腎症
    ・糖尿病性神経障害
  • 肝臓
    ・肝硬変
    ・劇症肝炎
    ・慢性肝炎
  • 骨・関節
    ・関節炎
    ・歯周病
    ・骨欠損
    ・骨粗しょう症
    ・多発性硬化症
    ・関節リウマチ
  • 心臓
    ・心疾患

  • ・間質性肺炎
  • 皮膚・その他
    ・アレルギー性皮膚炎
    ・アトピー性皮膚炎
    ・脱毛症
    ・花粉症など
   

サイトカインカクテル療法(臍帯由来)の
治療の流れ

サイトカインを溶かす

【1】サイトカインを溶かす

冷凍されていた臍帯由来サイトカインカクテルを患者様本人の手の中で1~2分間温めて溶かします。

経鼻投与用チューブで攪拌・吸引する

【2】経鼻投与用チューブで攪拌・吸引する

溶かしたサイトカインカクテルを経鼻投与用のチューブで攪拌した後、チューブ内にサイトカインカクテルを全て吸引します。

両鼻腔より各3回に分けて噴霧する

【3】両鼻腔より各3回に分けて噴霧する

仰向けに横になり、顎を上げた状態で経鼻投与用のチューブを鼻から入れ、両鼻腔より各3回程度に分けて鼻腔奥粘膜に向けて噴霧します。

20分姿勢を保つ

【4】20分姿勢を保つ

サイトカインカクテルが経鼻粘膜・三叉神経・嗅神経を通して、より多く吸収される様に約20分間程度、仰向けで顎を上げた状態の姿勢を保ちます。
夜間寝られる時に点鼻される方が多いです。

サイトカインカクテル療法(臍帯由来)のリスク・副作用

臍帯由来サイトカインカクテル療法によるリスクや副作用はゼロではありません。点鼻によるサイトカインカクテル投与時に生じる可能性のあるリスクや副作用をご紹介します。
万が一以下のようなリスクや副作用が生じた場合には、担当医師が迅速に対応いたしますので、お申し出ください。

サイトカイン投与時 投与部位の疼痛、発赤等、頭痛、全身倦怠感、悪寒、発熱、発疹、アレルギー等

リスクと副作用について詳しくはこちら

サイトカインカクテル療法(臍帯由来)の
治療費用

 
診療カウンセリング料 医師による診察・カウンセリング(約1時間) 11,000円
臍帯由来
サイトカインカクテル療法
1本(1cc) 11,000円
10本(10cc) 110,000円
30本(30cc) 330,000円

※上記費用は税込となっております。

治療費について詳しくはこちら

サイトカインカクテル療法(臍帯由来)の
よくあるご質問

     
 
サイトカインカクテル療法はどの程度の本数・期間・間隔で受けると効果的ですか?

毎日お休み前か、リハビリをする前に1本の点鼻を3ヶ月間程度続けていただくことが望ましいです。といいますのも、神経や血管などの組織はすぐには修復されず、個人差はありますが、最低でも3ヶ月かかると言われているためです。
毎日は大変という方でも最低週に2〜3回はおこなって頂きたいと考えています。間隔を開けすぎると効果が得られにくくなるためです。

サイトカインカクテル療法の効果を高めるための方法はありますか?

夜寝る前に点鼻していただいて翌日の午前中にリハビリをしていただくか、またはリハビリの15〜20分前に点鼻していただくことが効果的です。

遠方のため、直接受診することが難しいのですが、サイトカインカクテル療法をうけることは出来ますか?

現在、オンラインでの診察が可能です。
サイトカインカクテル療法にも医師の診断が必要ですので、オンラインにて対応させていただいております。詳しくはお気軽にお問合せください。

点鼻以外でもサイトカインカクテル療法を受けることはできますか?

鼻から脳や中枢神経に直接繋がっている経路がありますので、最短ルートで脳や中枢神経にサイトカインを送ることでより効果が期待できます。
また、ご自宅で自分で投与できるという、遠方の方でも郵送で処方が可能という利点もあることから、点鼻による投与が最適だと考えています。

この施術ページの監修医師

貴宝院 永稔

貴宝院 永稔(きほういん ながとし)

医療法人慶春会 福永記念診療所 部長
ニューロテックメディカル株式会社 代表取締役

学歴・職歴

平成15年3月
大阪医科大学卒業
平成15年5月
大阪医科大学附属病院にて初期研修
平成17年4月
大阪医科大学附属病院にて初期研修 修了
平成17年5月
大阪医科大学(リハビリテーション科)レジデント就任
平成19年3月
大阪医科大学(リハビリテーション科) 退職
平成19年4月
大阪医科大学大学院医学研究科(リハビリテーション科)入学
平成21年4月
医療法人伯鳳会 はくほう会セントラル病院 入職
平成23年3月
大阪医科大学大学院医学研究科卒業
平成30年2月
福永記念診療所 部長に就任

資格

CONTACT

再生医療の
お問い合わせ・ご予約はこちら

  • お問い合わせ

    受付時間 / 9:00-20:00【完全予約制】

  • お問い合わせ

    24時間受付!ご不明な点などお気軽に