再生医療ブログ
視床出血の症状と治療やリハビリについて

視床出血とは、脳出血の一種類で脳内の視床と呼ばれる場所に出血を起こすことです。脳出血全体の約2~3割が視床出血と言われており、比較的頻度の多い出血です。多くの場合、慢性的な高血圧症の結果として起こります。
今回お話する視床出血では、感覚障害が強く出ることがあります。なぜなら視床には、視覚や聴覚などの中継地点としての役割があるからです。
視床は脳内の奥深くに位置することもあり、通常出血直後に手術を行うことはなく、内科的治療が中心になります。
脳出血の後遺症に多くみられる運動麻痺に加え、感覚障害や視床痛と呼ばれる痛み止めが効かない痛みを生じる特徴があります。
視床出血による頭痛に苦しむ高齢女性

視床出血にみられる症状

視床は、わたしたちの感覚に関する情報伝達に主に関与しています。したがって、視床出血では出血した場所と反対側の感覚障害やしびれが主な症状としてみられます。また視床の周囲には、運動神経が通る内包と呼ばれる部位があります。出血した場所は視床であっても、出血量が多かったり、出血後に浮腫を起こしたりするとこの内包が障害をうけ運動麻痺が起こることもあります。
出血後に、出血と反対側の半身に激しい痛みが生じることがあります(右視床出血、左視床出血)。これは視床痛と呼ばれており、鎮痛薬なども効果がなく原因を取り去ることが難しいと言われています。
そのほか、視床出血では以下のような症状が現れることがあります。

  • 目が下を向いたままで固定される(上方向への目の動きが麻痺する)
  • 瞳孔の縮小(光に対する瞳孔反応の欠如)
  • 意識の低下
  • 無気力
  • 眠りがちになる
  • 時間や場所がわからなくなる(見当識障害)
  • 幻覚症状
  • 言葉が出なくなる(失語症)
  • 言語的記憶の障害
  • 視空間障害

視床出血の治療

視床出血の治療では、原則的に外科手術は行わず薬による保存療法を行います。再出血を防止するための降圧剤と脳の腫れ(脳浮腫)を軽減する抗脳浮腫薬を点滴して様子をみます。
血腫が大きく脳を圧迫しているケースでは、血腫を取り除くために吸引術(定位的血腫除去術)を行うこともあります。
また、急性水頭症を合併した場合は、頭蓋内圧をコントロールするために脳室ドレナージ術を行います。

定位的血腫除去術

CTで血腫の位置を確認し、頭蓋骨に小さな穴を開けてそこから吸引管を入れて血腫を吸い出す手術方法です。
定位的血腫除去術は、開頭手術よりも患者さんの負担が少なく、高齢者の方にも行うことができます。しかし、血腫を全て取り除くことが難しいケースがあること、手術中に出血したときの止血が難しいといったデメリットもある手術法です。

脳室ドレナージ術

脳室内にドレナージチューブを挿入して脳脊髄液を排出することで、頭蓋内圧をコントロールする手術です。
脳出血の合併症として急性水頭症が発症した場合に行う、一時的な手術です。

視床出血に特徴的な後遺症・合併症

視床出血では、急性期にみられた症状が完全に治らず、後遺症として継続することがあります。
また視床出血に特徴的な後遺症として、慢性期になって出血と反対側の手や足に強い痛みを感じることがあります。これは視床痛といいます。視床痛には、残念ながら鎮痛薬が効きません。痛みが強い場合、定位脳手術と呼ばれる手術を行う場合があります。
また視床の近くには脳室と呼ばれる、脳脊髄液がたまる場所があります。脳室内に出血が及ぶと、脳脊髄液の流れが悪くなり、急性水頭症と呼ばれる状態になることがあります。水頭症は視床出血に伴う合併症として重要で、緊急手術が必要となることもあります。

急性水頭症

脳は外部からの衝撃が直接伝わることを避けるため、脳脊髄液と呼ばれる液体に浮かんでいます。脳脊髄液は脳室で産生され、脳と脊髄を循環し脳や脊髄実質の毛細血管から吸収されると考えられています。
急性水頭症は、脳室に出血が及んだ場合に脳脊髄液の流れが妨げられ脳室内に貯まり、頭蓋内圧が上昇し歩行障害や認知症、尿失禁といった症状が現れる病気です。

視床出血のリハビリ

生命の危機を脱し全身状態が安定してきたら、出来るだけ早くリハビリテーションを開始することが重要です。
視床出血後のリハビリを行う男性

視床出血後のリハビリの必要性について

リハビリテーションを早期に開始すると、そうでない場合と比べて機能予後は格段に良くなると言われています。
一人ひとりの病状に合わせたリハビリテーションを行うことで、患者様自身がもともと行っていた日常生活に戻れるように、前と同じような生活が難しいと考えられる場合には、現在の状態で最大限にスムーズな日常生活が送れるようにしていくことが重要です。

急性期リハビリテーション

急性期から治療と並行してベッドの上でもできるリハビリテーションを開始します。急性期からリハビリテーションを開始すると、廃用症候群の予防につながります。
また急性期リハビリテーションは、回復期リハビリテーションを行う準備ともいえます。
急性期リハビリテーションは医師に相談しながら無理のない範囲で行ってください。
急性期リハビリテーションの具体例
・関節可動域訓練
・筋肉増強訓練
・寝返りや起き上がり訓練
・嚥下訓練
・日常生活動作訓練
などがあります。

廃用症候群

廃用症候群とは、長期間に渡り安静に過ごしたため活動性が低下したことで、身体能力の低下や精神状態の悪化をもたらす症状のことです。
廃用症候群の主な症状は
・筋委縮
・関節拘縮
・骨委縮
・誤嚥性肺炎
・心機能低下
・血栓塞栓症
・うつ状態
・せん妄
・見当識障害
などがあります。

回復期リハビリテーション

急性期リハビリテーションを行ったあと、さらにリハビリテーションが必要な方は、回復期リハビリテーションを開始します。
回復期は、日常生活を送る上で必要な動作が行えるような機能の改善を目的としたリハビリテーションを中心に行います。
後遺症に応じて理学療法士や言語聴覚士などの専門家にサポートしてもらい、チームとしてリハビリテーションを行う体制がとられています。

視床出血の予後予測

視床出血の予後は、出血量や出血部位、血腫の大きさ、年齢などにより予後が異なります。
出血量が多く、内包や中脳に出血が及ぶと予後は悪くなり、重大な後遺症が残る可能性が高くなることが予測できます。

視床出血の死亡率

視床出血は死亡率46.8%と、約半数の方が亡くなる病気です[1]。
生存できても、発症前の状態まで回復するか、介助がなければ生活できなくなるかは、出血部位や範囲によって異なります。
ある研究では、視床出血の予後には以下の要素が関わっていることが明らかになりました。[1]
・年齢
・出血量
・脳室内穿破の有無

年齢との関連

視床出血の患者さんのうち、発症前の状態まで回復した方の平均年齢は59.6歳だった一方、介助がないと生活できなくなった方の平均年齢は70.9歳だったというデータがあります。
特に80歳以上の方の予後は極めて不良であることが分かっています。

出血量との関連

出血量が多ければ多いほど、脳に与える損傷も大きくなります。
視床出血の場合、出血量が10ml以上になると、多くの方が亡くなると言われています。

脳室内穿破の有無

頭蓋骨の中は脳脊髄液という液体で満たされており、脳は脳脊髄液の中に浮かんでいます。
脳脊髄液は『脳室』という部位から産生され、常に循環・吸収を繰り返していますが、視床出血が起こると血液が脳室まで到達することがあります。
この状態を『脳室内穿破』と呼び、脳脊髄液の循環が阻害されて予後が悪くなります。

少しでも後遺症を軽減するためにも、早期からリハビリテーションに取り組むことが大切です。

視床出血の予防法

視床出血の主な原因と考えられる高血圧と動脈硬化を防ぐことが、予防につながります。
バランスの取れた食事をとり規則正しい生活を送り、高血圧や糖尿病、脂質異常症といった生活習慣病にならないように心掛けましょう。
健康診断を受けて異常が見つかった方は、医師に診察してもらい適切な処置を受けてください。
食生活を見直すだけでは改善が難しい場合は、薬を処方してもらい状態をコントロールしましょう。
視床出血予防のための血圧計

高血圧の予防

脳内の細い動脈は、高血圧の状態が続くことによって破れやすくなってしまいます。高血圧を予防・改善することが視床出血を始めとする脳出血予防に効果的なのです。

減塩をする

高血圧の原因としてまず挙げられるのが「塩分の過剰摂取」です。「高血圧治療ガイドライン」によると、1日の塩分摂取量は6g未満に抑えることが推奨されています。

お酒を控える

厚生労働省の指針によると、1日に純アルコールで20g程と定義されています。
具体的には、ビールなら中瓶1本または500ml缶1本、日本酒なら1合程度となり、さらに女性はこの半分の量が適量として推奨されています。

DASH食を摂取する

DASH食(Dietary Approaches to Stop Hypertension=高血圧予防のための健康療法)
とは、血圧の上昇を抑制するために効果的な食事による健康療法のことです。
具体的には、「野菜・果物・ナッツ・豆類・魚類・低脂肪の乳製品」をメインにした食生活に変えることで、血圧の上昇を抑制効果があるとされています。
高血圧予防に効果的な野菜食

動脈硬化の予防

健康な血管は、しなやかで弾力があります。しかし動脈硬化が進むと、血管のしなやかさや弾力が失われ破れやすくなってしまいます。
また、血管壁の厚みが増すことで血液が通る通路が狭くなってしまうことで、血液が詰まりやすくなります。
この動脈硬化を予防する方法をご紹介します。

肥満の解消・適度な運動

特に内蔵脂肪型肥満は動脈硬化のリスクを高める高血圧や脂質異常症、糖尿病といった危険因子の改善にも繋がります。
適度な運動は、上記のような危険因子の改善のみならず、ストレス解消効果もあるため、無理のない範囲で始めましょう。

動脈硬化予防におすすめの食べ物

動脈硬化予防に効果的な食べ物の基本は、「脂質・コレステロール(LDLコレステロール:悪玉コレステロール)・塩分・糖分・カロリー」を控えめにすることです。それ以外に摂取すると動脈硬化予防に繋がる食べ物をご紹介します。

大豆・大豆製品

大豆や豆腐などの大豆製品はに含まれるダイズタンパクは、血清コレステロールを低下させてくれる効果があります。

青魚

青魚には、血液中のLDLコレステロールを上昇させずに中性脂肪を下げてくれ、血液をサラサラにしてくれる不飽和脂肪酸の一種「EPA」が含まれています。

こんにゃく・キノコ類・海藻類

食物繊維は、過剰なコレステロールを排出してくれるため、動脈硬化予防に効果的です。食物繊維を多く含むこんにゃくやキノコ類、海藻類などの摂取がおすすめです。

適度な水分

ドロドロの血液は動脈硬化のリスクとなります。適度な水分の摂取は、血液がドロドロになることを予防してくれるため、水やお茶など糖質が含まれていない水分の適度な摂取は動脈硬化予防に効果があると考えられます。

視床出血は再発しやすい病気です

視床出血は再発しやすい病気といわれています。視床出血を発症した方は、他の部分の血管も破れやすくなっている可能性が高いからです。そのため再発予防に努めなければなりません。
また、視床出血が発症してから治療を受けるまでの時間は、生命維持や症状に深く関係しています。疑わしい症状が現れたら、すぐに救急車を呼び病院で治療を受けるようにしてください。

まとめ

視床出血について、その症状や特徴的な後遺症、また合併症予防やリハビリの重要性などをご説明しました。
現時点での医学技術では、視床出血は発生したら症状の悪化を防ぐ治療が中心となります。
視床出血を含む脳出血を予防するためにも、ぜひ血圧の管理、生活習慣病の予防に努めましょう。

視床出血後遺症に対する再生医療

当院では幹細胞点滴を使用した再生医療を行っており、その効果を高める再生医療に合ったリハビリのアドバイスやご紹介もしております。
その他にも再生医療についてご質問や不明な点がありましたら、当院までお気軽にお問い合わせください。

[1]被殻出血および視床出血の予後に関する研究|日医大誌第54巻 第1号(1987)
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jnms1923/54/1/54_1_63/_pdf

医療法人慶春会 福永記念診療所

〒536-0005 大阪府大阪市城東区中央1-9-33

泉秀園城東ビル2F

この施術ページの関連記事

  • 脳卒中について

  • 骨髄由来幹細胞点滴

    骨髄由来幹細胞点滴

  • 被殻出血とは?

この施術ページの監修医師

貴宝院 永稔

貴宝院 永稔(きほういん ながとし)

医療法人慶春会 福永記念診療所 部長
ニューロテックメディカル株式会社 代表取締役

学歴・職歴

平成15年3月
大阪医科大学卒業
平成15年5月
大阪医科大学附属病院にて初期研修
平成17年4月
大阪医科大学附属病院にて初期研修 修了
平成17年5月
大阪医科大学(リハビリテーション科)レジデント就任
平成19年3月
大阪医科大学(リハビリテーション科) 退職
平成19年4月
大阪医科大学大学院医学研究科(リハビリテーション科)入学
平成21年4月
医療法人伯鳳会 はくほう会セントラル病院 入職
平成23年3月
大阪医科大学大学院医学研究科卒業
平成30年2月
福永記念診療所 部長に就任

資格

CONTACT

再生医療の
お問い合わせ・ご予約はこちら

  • お問い合わせ

    受付時間 / 9:00-20:00【完全予約制】

  • お問い合わせ

    24時間受付!ご不明な点などお気軽に