再生医療ブログ

BLOG

医療法人慶春会福永記念診療所、再生医療ブログ

くも膜下出血の後遺症(記憶障害など)や再発について

今回は、脳卒中の原因の約5%を占めるくも膜下出血の原因や記憶障害などの後遺症、くも膜下出血の再発リスクなどについて解説させていただきます。

くも膜下出血とは?

脳は3層の膜で覆われています。外側から、硬膜・くも膜・軟膜の3つの膜で包まれており、くも膜下出血はくも膜と軟膜の間の出血で脳を圧迫することで起こる脳卒中のひとつです。

くも膜下出血の主な原因

発症原因は多々あります。その中で最も多いのがくも膜下腔を流れる動脈の分岐部に風船を膨らませたような瘤(動脈瘤)ができ、それが破裂する事により発症します。

また頭を強く打つなど外傷によって起こることもあります。

軽度の場合は自覚症状がほとんど無いなど見落とされる事もある為注意が必要です。

重症の場合は、急性硬膜、出血や脳挫傷を合併するなど命に関わる危険な状態になる事も少なくありません。

くも膜下出血の症状

突然バットやハンマーで頭を殴られるような激しい頭痛に襲われ、吐き気や嘔吐を生じるのが大きな特徴です。
さらに出血を伴う場合には、意識を失うなど突然死の原因にもなります。
また、手術など治療によって救命されたとしても後遺症のリスクも高く非常に危険な病気のひとつとされます。

脳卒中とくも膜下出血

脳卒中は一般的な言いいい方で医学的には脳血管障害といいます。
脳血管障害は、脳の血管の病変による脳の機能的・器質的な障害の全てを指していいます。その中で、脳の一部分や意識障害が突然発症するものを脳卒中といわれています。
※脳卒中とは病名ではありません。主に・脳出血・脳梗塞・くも膜下出血の総称です。

くも膜下出血の後遺症

出血の量や場所(部位)、・発症から治療までの時間・合併症の有無など様々な要因によって後遺症の症状も多々あります。
軽度の場合は治療後今まで通りの生活を送れることもあります。が、脳出血や脳梗塞などを併発した場合、運動障害や感覚障害が生じたりになったり水や食べ物が上手く飲み込めない嚥下障害、視野が狭くなる視野障害局所症状、さらには高次脳機能障害など多種多様なの後遺症が残ることもあります。

くも膜下出血の後遺症 記憶障害

脳は栄養不足や酸素不足に非常に弱く、くも膜下出血により脳が圧迫され血行が阻害されると阻害部分より先の脳細胞に酸素や栄養が行き渡らず脳細胞が死滅することで様々な症状が表れます。その一つが記憶障害です。
その症状も様々で、代表的のなものとして・単純な物忘れ・、時間や場所、人物の認識が上手くできなくなる見当識障害・、物事を計画し順番にこなすことが難しくなる遂行実行機能障害などがあります。
また、初期段階で身体的治療が一段落すると物忘れなどの症状が見始められます。
本人も周囲も何となく気付きはじめますが、症状に波があったり、障害を受けていない機能は保たれている為まさか自分や家族が記憶障害になっているとは思わず、発見が遅れる傾向にもあり注意が必要です。

くも膜下出血

 

くも膜下出血の後遺症 そのほかの主な症状

運動麻痺

左右片側の上下肢が動かない。痙性麻痺と弛暖麻痺と痙性麻痺があります。一般的に麻痺は下肢より上肢に強いことが多い。

感覚障害

感覚や痛覚が鈍くなったり、逆に敏感になりすぎる場合がある

視野目の障害

視野が狭くなったり二重に見えたり、片方が見え難くなったり長期間にわたり症状が残る場合がある。

構音言語障害

喋り難くなったり呂律が回らなくなったりする。

嚥下障害

水や食べ物が上手く飲み込めない。

高次脳機能障害

失語症

言葉が出難くなる(運動性失語)と相手が話している言葉が分からない(感覚性失語)がある。

記憶障害

人の名前が思い出せない。言われたこと、読んだものを忘れてしまう言語性記憶障害や道が分からない道順が分からなくなる地誌的障害などがある。

注意障害

会話や思考がまとまらない。一つのことから他への注意を転換することが難しい。

くも膜下出血は再発する?

外傷によるくも膜下出血の再発はほとんど無いと言われています。
しかし、動脈瘤の破裂等によって起こったくも膜下出血は初発後3ヶ月以内に66.7%が再発したという研究結果があるように高い再発の危険性があることが分かっています。
また、手術の方法によっても違いがあると言われています
再発もさることながら、再出血にも注意が必要です。
再出血は脳動脈瘤の破裂によるくも膜下出血の場合、約20%の確率で起こり、特に24時間以内が要注意で再出血を起こすと予後不良ともいわれています。

くも膜下出血の治療

くも膜下出血の治療は発症原因によって大きく異なります。
発症原因で最も多いといわれる脳動脈瘤の破裂によるくも膜下出血では、基本的に脳動脈瘤の再破裂を予防する手術もしくはカテーテル治療を行います。
手術の方法として最も多いのが脳動脈瘤の根本を医療用クリップで止め血流を遮断するクリッピング術という方法。
もう一つの方法は近年、体への負担を軽減できるカテーテルを用いて医療用の細い金属を脳動脈瘤に挿入して血流を遮断するコイル塞栓術という方法を選択されるケースも増えてきています。

 

医療法人慶春会 福永記念診療所

〒536-0005 大阪府大阪市城東区中央1-9-33

泉秀園城東ビル2F

この施術ページの監修医師

貴宝院 永稔

貴宝院 永稔(きほういん ながとし)

医療法人慶春会 福永記念診療所 部長
株式会社ニューロテックメディカル 代表取締役
株式会社セルリンクス 代表取締役
医療法人交和会 理事長

学歴・職歴

平成15年3月
大阪医科大学卒業
平成15年5月
大阪医科大学附属病院にて初期研修
平成17年4月
大阪医科大学附属病院にて初期研修 修了
平成17年5月
大阪医科大学(リハビリテーション科)レジデント就任
平成19年3月
大阪医科大学(リハビリテーション科) 退職
平成19年4月
大阪医科大学大学院医学研究科(リハビリテーション科)入学
平成21年4月
医療法人伯鳳会 はくほう会セントラル病院 入職
平成23年3月
大阪医科大学大学院医学研究科卒業
平成30年2月
福永記念診療所 部長に就任

資格

CONTACT

再生医療の
お問い合わせ・ご予約はこちら

  • お問い合わせ

    受付時間 / 9:00-20:00【完全予約制】

  • お問い合わせ

    24時間受付!ご不明な点などお気軽に