再生医療

Regenerative medicine

脳卒中について

再生医療

脳卒中とは?

「脳卒中」とは脳梗塞、脳出血、くも膜下出血に分類される

脳卒中とは「脳が突然傷つき、脳の神経細胞が障害される病気」のことです。
古い言葉の「卒中」の「卒」には卒業のような締めくくりという意味以外に、卒す、即ち死すと、云う意味があります。また、卒然(突然と同意)のように、にわかにと云う意味もあります。「中」には中(あた)ると云って、あたって傷が付くことを云います。多くの場合、何の前触れもなく脳で発症する急病です。

脳卒中は、脳の血管が詰まる「脳梗塞」、脳の細い血管が破れて出血し血腫をつくる「脳出血」、動脈瘤が破れて脳の表面を覆うくも膜という薄い膜の内側に出血する「くも膜下出血」、大きく分けると3種類に分類されます。
さらに、脳梗塞には主に次の3つの症状があります。
脳の比較的太い血管が動脈硬化によって狭くなり、更に血の塊によって少しずつ詰まる、もしくは高血圧が原因で脳の細い血管が変形して血管が詰まる「脳血栓症」」
脳の血管に心臓などで出来た血の塊が流れて来て血管をふさぐ「脳塞栓症」」
一時的に脳の血管がつまりますが、すぐ血流が再開する、脳梗塞の前触れとして現れることがある「一過性脳虚血発作」」

脳卒中とは

日本においての脳卒中の現状と動向

日本において、脳卒中の患者数は現在約150万人といわれ、毎年25万人以上が新たに発症していると推測されています。
脳卒中は、がん、心臓病に次いで日本における死亡原因の第3位となっています。
さらに、介護が必要になる原因の第1位であるという事実も重要です。
脳卒中の中でも、脳出血や心原性脳塞栓症は一度発症すると、重症のために、自立歩行まで回復できる患者様は1/3に留まり、要介助・寝たきりになってしまう方、亡くなられてしまう方が半数を超えます。
このように脳卒中は、特に高齢の方に突然発症し、死を免れることができたとしても、回復困難な後遺症が残る可能性が高い病気です。患者様ご本人、そのご家族様の方の人生に関わる病気であると言えます。

※平成成21年厚生労働省「死因順位」資料より引用。

※平成25年厚生労働省「国民生活基礎調査」資料、「介護が必要となった主な原因」より引用。

死亡原因順位

介護が必要となった主な原因

2016 年10月1日~2018年1月31日の期間に入院・治療し、退院し、発症後7日以内の急性期脳卒中及び一過性脳虚血発作 (TIA)で参加施設に入院した症例7,656 例を基にした、日本脳卒中データバンク様の「脳卒中レジストリを用いた我が国の脳卒中診療実態の把握」報告書(2018年)によると、脳梗塞が全体の75.6%、脳内出血が19.8%、くも膜下出血が4.6%を占めています。脳梗塞は頭の中の血管が詰まることで生じる疾患です。脳内出血は血管が切れて生じる疾患です。くも膜下出血は脳動脈瘤という血管の”コブ“が破れて生じる疾患です。
脳梗塞はアテローム血栓性脳梗塞、ラクナ梗塞、心原性脳塞栓症でほぼ1/3ずつの割合で発生しています。年齢は、脳梗塞が女性平均が78歳、男性平均が71.8歳、脳出血は女性平均が67.3歳、男性平均が73.2歳と高齢者が主体となっています。くも膜下出血は女性平均が68.5歳、男性平均が58.4歳と脳梗塞や脳出血と比べ若く、女性の発症が高いのも特徴です。

脳卒中(脳梗塞・脳出血・くも膜下出血)の後遺症

脳梗塞の急性期治療を行ったとしても、一旦死んでしまった脳細胞は再生しないので、完全に機能が回復しない場合もあります。
脳梗塞の起こった部位により、どのような後遺症が起こるかは違いますが、主な後遺症を紹介します。

神経の症状

運動障害
【1】運動障害

後遺症として最も多く見られるのが「運動障害」です。

片麻痺
右半身、又は左半身の手足に麻痺が現れます。
単麻痺
片側の腕、又は足だけに麻痺が現れます。
痙縮
手や足の筋肉が突っ張って、手の指がグッと握りこまれ、開き難くなります。
感覚障害
【2】感覚障害

運動障害とほぼ同じ経路を走る神経で起こるので、運動障害と同時に「感覚障害」を起こすことが多いです。

  • 手足のしびれ
  • 温度への感覚がにぶる
  • 痛覚がにぶる
  • 痛感過敏
  • 触覚がにぶる
言語障害
【3】言語障害

脳の言語を司る部分が障害された場合、舌・唇・のどなどに麻痺が起ると「言語障害」になります。

失語
脳の言語を司る部分が障害された場合
上手く話せない
舌や唇、のどなどに麻痺が起こった場合
嚥下障害
【4】嚥下障害

「嚥下障害」は食べ物や飲み物をうまく呑み込めなくなります。

  • 栄養が摂れない
  • 誤嚥性肺炎を起こし易くなる
排尿障害
【5】排尿障害

「排尿障害」は膀胱の筋肉に麻痺が起こる事で起きる障害です。

  • 尿意を感じない
  • 尿が出ない
視野障害
【6】視野障害

「視野障害」は視力を司る箇所に起こる障害です。

半盲
視野の片側半分が見え難くなる。
視野欠損
見える部分が欠ける。
複視
物が二重に見える。

高次脳機能障害

【1】言語の障害(失語)

言語を司る「左脳」の障害です。

ブローカ失語
左脳前頭葉を障害されると、相手の話は理解できるのに、自分で言葉を発せなかったり、たどたどしい話し方になり、文章を書くことも難しくなります。
ウェルニッケ失語
脳の左右側頭葉の「ウェルニッケ野」が障害されると、自分は話せるのに、相手の話が理解できず、意味のない言葉や言い間違えが増えます。話の内容が意味不明になるので、認知症や精神障害と診断されることもあります。
健忘失語
人の話も、自分が話したいことも理解できるのに適切な言葉が出てこないので、「あれ」「これ」「それ」と云った表現が増えます。
全失語
脳の太い血管の「中大脳動脈」の広い範囲が障害されると、言葉を理解・表現することが失われることが多くなります。
【2】行為の障害(失行)

片麻痺やしびれなどの運動障害はないのに、思ったことができない状態。

運動失行
日常的にできていた動作の手順が分からなくなります。
着衣失行
衣服の着方が分からない、服の表裏が分からないなどの状態。
【3】認知の障害(失認)

運動、感覚障害はないのに、よく知っているものが、何か認識できない状態。

半側空間無視
空間の左右側のどちらかが認識できない状態。
地誌的失認
よく知っていたはずの場所が分からなくなる状態。
物体失認
よく知っていたはずの「物」を見ても、何か分からなくなった状態。
聴覚失認
知っていたはずの「音」が、何の音か分からなくなった状態。
【4】記憶障害
  • 人の名や新しいことが覚えられない。
  • 温度への感覚がにぶる
  • 場所や日付が覚えられない。
  • 過去の経験が思い出せないなど。
【5】注意障害
  • 二つのことを同時にしようと思うと混乱する。
  • 反応が遅くなる。
  • 集中できない、ぼんやりする、注意が散漫になるなど。
【6】遂行機能障害

計画する、論理的に考える、実行するなどができなくなる障害。

【7】判断力低下

今、自分の置かれている状態が分からない、相手の都合が分からないなど。

精神的症状

【1】うつ状態

脳の障害、病気のショックなどが、引き起こす原因となります。

  • 何もする気がしない。
  • どこへも行きたくない。
  • 動きたくないなど、1日中、気分変動がほとんど見られません。
【2】 不安

突然の症状、厳しい現実から、気分が不安定になります。

【3】感情障害

気分や感情が不安定になります。

【4】意欲低下

何もしたくない気分になり、自分から動かないことが多くなります。

【5】病識不十分

自分が病気であることを十分に認識できていない状態で、危険な行動に出ることがあり、転倒や転落などの事故が心配されます。

【6】せん妄や幻覚

運動、感覚障害はないのに、よく知っているものが、何か認識できない状態。

せん妄
一時的に記憶・思考が混乱し、意味不明なことを言ったり、動き回ったりします。
幻覚
実際には無いものが見えたり聞こえたりします。

再生医療

再生医療の脳卒中(脳梗塞など)後遺症に対して期待できる効果

運動障害の改善

・手足や体の感覚が徐々に回復する。
・手足に力が入るようになる。
・お箸を使用して、自力で食事がとれるようになる。
・歩行不能状態から歩行器を使用しての歩行が可能となる。

失語症・言語障害の改善

・言葉や文字の理解ができる。
・発声ができる。
・読み書きができる。
・意思の疎通が円滑になる。

感情や行動の改善

・怒りっぽい性格が穏やかな性格に戻る。
・衝動的な突然の動きや行動が無くなる。
・感情の起伏をコントロールできる。

視覚障害の改善

・視力が回復する。
・景色がはっきりと見える。
・見える範囲が広がる。
・二重に見える事が無くなる。
・視野欠損が解消される。

痺れ、痛みの改善

・肩こり、腰痛、頭痛、関節痛、筋肉の痛みの軽減。
・脱力感の軽減。

間葉系幹細胞治療は一般で行える再生医療としては安全面、実績面でも効果のあるものとされていますが、治療の性質上、劇的な回復効果を期待できるものではありません。効果には個人差があります。

当院では脳卒中の後遺症改善に対して、
下記の再生医療を受けていただけます。

医療法人慶春会 福永記念診療所は、厚生労働省に治療計画が受理された後、医療活動を行っております。
脳卒中の後遺症改善に対して、厚生労働省認定の再生医療「自己骨髄由来間葉系幹細胞を用いた脳卒中治療(計画番号:PB5180011)」を受けていただけます。

厚生労働省承認
自己骨髄由来間葉系幹細胞を用いた
「脳卒中(脳梗塞など)治療」

CONTACT

再生医療の
お問い合わせ・ご予約はこちら

  • お問い合わせ

    受付時間 / 9:00-20:00【完全予約制】

  • お問い合わせ

    24時間受付!ご不明な点などお気軽に